HRTウインドブレイク ~未来への挑戦~

日々の仕事、資格取得への勉強、趣味の自転車、全てにおいて全力で。

ツール・ド・東北2014

2014年9月14日(日)
午前3時過ぎ。
自転車をレガシィに積み込んで石巻へ向け出発。
今日は「ツール・ド・東北」のボランティアスタッフとして参加です。

ツール・ド・東北
午前5時。まだ薄暗く霧がかかるスタート会場へ到着。
さすがにこの時期のこの時間は寒いですね。

ツール・ド・東北
この番組は、安心と愉しさを提供するスバルがお送りいたします(笑)


ツール・ド・東北
スタンバイ中の先導車は、リアルスポーツツアラー“レヴォーグ”。
スバルの本拠地、群馬ナンバー。アイサイト搭載です。

ツール・ド・東北
展示車。2リッターターボ車かな。

スタート時間は5時30分。
私は100kmの走行スタッフなので、集合時間は5時45分、選手に合わせ6時45分から随時出発。
それまで会場内をグルグル。

ツール・ド・東北
ズラリ。

ツール・ド・東北
ズラリ。

ツール・ド・東北
いよいよスタート!
がんばれ!!

ツール・ド・東北
大会スタッフが乗るスバル車も続々とコースイン。


さて、私の出番もそろそろ。
選手たちと合流する裏門で出番待ちをしていると…。

ツール・ド・東北
レクサスLSとレガシィB4にガードされた黒塗りのハイエース。
そこに集まるスーツ姿の怪しい人たち(笑)
降りてきたのは…

ツール・ド・東北
ケネディ駐日大使!!
だと思う!!


さて、私もいよいよコースへ合流。
寒いけど半そでジャージ。支給されたスペアチューブなど、リュックを背負って。

ツール・ド・東北

ツール・ド・東北
だんだんと晴れてきたコース上。
列を成して走る隊列。とても気持ちのいい光景です。

ツール・ド・東北
信号待ちの渋滞。
下り坂途中での渋滞のため、追突・落車があったそうです。
自転車2台、走行スタッフが回収車待ち。

他にも、パンクされた方、チェーンが外れた方などちらほら。
そんな方々に声を掛け、必要に応じて対応するのが私たち走行スタッフの仕事。
なんだかこれも意外と楽しいです。


第1エイドに到着。女川復興まちづくり情報交流館前。
ツール・ド・東北
自転車ズラリ。

ツール・ド・東北
ここでは、女川汁(秋刀魚のつみれ汁)を頂きました。
女川港に水揚げされた秋刀魚のつみれが入った郷土料理です。
熱々でとてもおいしかったです。

15分ほど休憩してコースへ合流。


ツール・ド・東北

ツール・ド・東北

ツール・ド・東北
沿道では応援してくれる方々がいっぱいいます。
特に仮設住宅の前では、選手たちに多くの声援が掛けられます。

ツール・ド・東北
撮影スポット。
景色が楽しめるのもよし。


第2エイドに到着。雄勝硯(おがつ すずり)伝統産業会館前。
ツール・ド・東北
ここでも15分の休憩。

ツール・ド・東北
今朝水揚げされたばかりのホタテ。
とてもいい匂い。

ツール・ド・東北
めちゃくちゃうまい!!
これ目当てで雄勝に来たいくらい。
ぜひ観光の際には雄勝へ!!


ツール・ド・東北
登坂に差し掛かる。
警察の指導か、途中から追い越し禁止のセーフティカー。

そして坂を登りきり、下っていくと…

ツール・ド・東北

ツール・ド・東北

ツール・ド・東北
こんな素晴らしい景色が待っているのです。

でもまたすぐに登坂…。
これが三陸海岸の宿命。


第3エイドに到着。勝割崎。
ツール・ド・東北
100kmコースはここで折り返し。

ツール・ド・東北
昼食の南三陸シーフードカレーを頂きました。
南三陸産のタコなどが入ったカレーです。
レストランでもなかなか味わえない逸品だそうです。
ここでは長めの30分休憩。


ここからは先ほどの道を折り返し。

ツール・ド・東北
とてもいい景色ですよね。
立ち止まって写真を撮っていきたいけど、定速走行っと。



第9エイドに到着。にっこりサンパーク入口。
約76キロ地点です。第4~8エイドは170km・220kmコースなので。
ツール・ド・東北
ゴールまで約24キロ。残り時間たっぷり。
さて、たっぷり休んで行こうか、なんつって。
ここでも15分くらいの休憩。

ツール・ド・東北
十三浜茶碗蒸し(北上茶碗蒸し)を頂きました。
茶碗蒸しといっても冷たくて甘いんです。
ここまで走ってきて疲れたライダーにはとても甘く感じます。
近日発売予定? 通販で買わなきゃね!


そこからは北上川沿いの平坦な道路をしばらく走ります。
これが結構しんどいんですよね。
立ち止まっている方々に声を掛けながらひたすらまっすぐ。

ゴールまで写真撮ってなかった…。うっかり。
終盤は足がつってしまって立ち止まる方が多かったです。
こればかりはどうしようもない。

いよいよゴール!
正面入り口からホームストレート!  を選手たちが走る傍ら、裏門から入って業務終了。お疲れ様でした!
なんてあっさりとした終わりなのでした。


ツール・ド・東北
イベント会場を見に行くと、ちょうどカウントダウンとともに風船が空へ舞い上がっていきました。

ツール・ド・東北
どこまでも、どこまでも、空高く舞い上がる風船。
復興の願いを込めて。

ツール・ド・東北
ん??
なんか雲行きヤバくない??


間もなくパラパラと大粒の雨が降り出し、辺りはびしょびしょ。
選手たちもずぶ濡れになりながら続々とゴールへ。
神様は最後に試練を与えるのかっ。

雨に濡れながら、会場をあとにしたのでした。おしまい。


ツール・ド・東北
バス好きのためのサービスショット。


本日の走行距離:107.6km
平均速度:19.9km/h
走行時間:5時間11分
 
 

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://f1skynaoki.blog118.fc2.com/tb.php/365-26a98fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カウンターーーーーー!

  (((\( ̄一 ̄)/)))

プロフィール

HRT-Naoki

名前:HRT-Naoki
自転車・F1・クルマ・バス・新幹線
かっこいい乗り物が大好き。
次の週末、晴れるといいな。

◆本拠地◆
福島県二本松市
宮城県仙台市
◆仕事◆
建築系
◆資格◆
二級建築士
測量士
宅地建物取引士
土地家屋調査士(未登録)
くるまマイスター検定3級
◆愛車◆
GIANT DEFY
スバル レヴォーグ(D型)

最近の日記
月別の日記

カテゴリー別の日記
コメント
リンク
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム