HRTウインドブレイク ~未来への挑戦~

日々の仕事、資格取得への勉強、趣味の自転車、全てにおいて全力で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道路に接していない敷地

「道路に接していない敷地」

住宅を建築する敷地は道路に接していなければなりません。
では車が道路から敷地に入れればいいのでしょうか。

いいえ、これにはちゃんとした基準があるのです。
こんな事例を紹介します。

道路に接しない敷地
敷地の前には幅員6メートルの市道があります。アスファルト舗装がされていて側溝も整備されています。
道路と敷地は高低差がなく、人も車も容易に出入りが出来る敷地なのです。
市役所で調べてみると、市道になっているのはアスファルト部分と対面の側溝。該当地側の側溝は市道ではなく水路になっています。

住宅を建てるためには、原則として幅員が4メートル以上の“建築基準法上の道路”に、敷地が2メートル以上接していなければなりません。
幅員が6メートルの市道は“建築基準法上の道路”に該当します。
しかし市道と敷地の間に水路があるので、このままでは道路に接していないことになり、住宅を建てることは出来ません。

ではどうすればいいのでしょうか。


ここからは行政によって見解が異なりますが、“法43条ただし書き”の許可を受ける方法があります。
“法43条ただし書き”とは、“建築基準法上の道路”と該当地の間になんらかの敷地があり、道路に接することができない敷地に対する救済処置のようなものです。
道路と該当地の間の敷地の一部を“建築基準法上の道路”とみなすことにより、住宅の建築が可能になります。

道路に接しない敷地
図で表すとこのような状態。
オレンジの部分が市道部分で基準法上の道路。
水色の部分が法43条ただし書き許可によって基準法上の道路とみなす部分。

“法43条ただし書き”の許可を受けるためには行政によってさまざまな基準がありますので、その案件ごとに確認が必要です。
比較的高額な手数料も発生します。
また、今回の場合は水路で“法43条ただし書き”の許可を受けますので、水路管理者から占用許可を受けなければなりません。
占用許可となれば占用料として年間いくらかの金額が発生する可能性があります。


「道路に接していない敷地」は意外と身近にありますので建築をご検討の際はご注意を!


スポンサーサイト

カウンターーーーーー!

  (((\( ̄一 ̄)/)))

プロフィール

HRT-Naoki

名前:HRT-Naoki
自転車・F1・クルマ・バス・新幹線
かっこいい乗り物が大好き。
次の週末、晴れるといいな。

◆本拠地◆
福島県二本松市
宮城県仙台市
◆仕事◆
建築系
◆資格◆
二級建築士
測量士
宅地建物取引士(未登録)
土地家屋調査士(未登録)
◆愛車◆
GIANT DEFY
レガシィツーリングワゴン

最近の日記
月別の日記

カテゴリー別の日記
コメント
リンク
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。